週刊ベースボールONLINE

2022新戦力完全CHECK

支配下ルーキーの現在地 NEXT HOPEは誰だ!?【パ・リーグ編】

 

出場機会を得るためにアピールを続ける新人たち。即戦力として紹介した開幕一軍が有力な15選手のほかにも期待のホープはまだまだ多くいる。一軍戦力期待値A~Cとともに、キャンプで汗を流す支配下ルーキー62選手を一挙に掲載。本誌の独自評価を覆す奮闘にも期待しつつ次なるホープを先取りチェックしよう。
※情報は2月13日時点。[]内数字はドラフト順位。年齢は2022年の満年齢
戦力期待値はA=実戦次第で開幕一軍、B=一軍デビューは開幕後、C=1年目は育成方針の3段階

戦力期待値【A】


チャンスをつかめ! キャンプで能力の高さを示した次は実戦でのアピールへ。結果を残せば開幕一軍が近づく。

オリックス椋木蓮 起用法に悩む好素材

投[1]/179cm83kg/右右/22歳/東北福祉大


 最速154キロの直球に、スライダー、ツーシーム、フォークなどの変化球も多彩。奪三振能力にも長け、中継ぎ、抑えの適性も光るドライチ右腕は、キャンプはB班も、ブルペンで投球練習を行うなど順調に調整中。視察した高山郁夫投手コーチも「ヒジも柔らかいし、(ボールの)スピン量もある。(先発、救援)両方、期待できるだけのボールはある」と高評価。起用法の幅が広いのは大きな武器。実戦デビューの起用法にも注目だ。

オリックス・小木田敦也 ロング救援要員でも
 社会人出と経験豊富。最速153キロのストレートにキレのあるスライダーが武器と救援右腕としての期待は大きい。キャンプでも初日からブルペン入りし、投げ込みを重ねるなど快調に調整を続け、「社会人出身なので即戦力として期待されている。1年間投げ抜く体力づくりをしていきたい」と自覚も十分。オープン戦での登板機会もすぐに回ってくるだろう。ロング救援も可能とあって、力を求められる機会は増えていくはずだ。

オリックス・渡部遼人 俊足巧打で正中堅手へ
 俊足巧打を前面にアピールし続けている。二番・中堅でスタメン出場した2月12日の紅白戦では4打数4安打と大当たり。山崎颯一郎黒木優太漆原大晟、K-鈴木と異なる一軍投手から安打を放てば、慶大時代に失敗なしの盗塁も成功。50メートル走5秒9を誇る走力を生かして守備範囲も広く、定位置奪取へ好発進。吉田正尚杉本裕太郎福田周平ら外野陣のカベは高いが、実戦で結果を残して一軍切符をつかみ取ってみせる。

ロッテ八木彬 打ち取るイメージを持って

投[5]/180cm94kg/右右/25歳/三菱重工West


 武器は落差の異なる2種類のフォークだ。ストライクゾーンに落とすフォークは打たせて取り、ボール球に落とすのは当然、空振りを奪うもの。調整がメーンのキャンプだけに、ブルペンで投じるボールは実力の一端を示すだけだが、確かなイメージを持った投球は活躍するために欠かせぬもの。救援マウンドでは、試合の流れを大きく左右するだけにメンタルや駆け引きも不可欠。意図した投球練習が実戦での好投、そして一軍マウンドにつながっていく。

ロッテ・松川虎生 経験値さえ補えば
 右方向へも大飛球を放つなど、A班キャンプで連日アピール。守っても盗塁を阻止と、攻守にわたって高卒ルーキーとは思えぬ堂々たるプレーを見せている。守備面では加藤匠馬田村龍弘、打力では佐藤都志也とバラエティーに富む一軍捕手陣だが、すべてを兼ねそろえる期待のドライチ。足りない経験値を補い、どこまでアピールを続けられるか。オープン戦で少しでもプロの水に慣れれば、高卒捕手の“開幕一軍”は現実味を帯びてくる。

ソフトバンク野村勇 器用さ武器に何でもこなす
 内野のレギュラー争いに堂々参戦中だ。大学、社会人と進み、攻守走三拍子すべてに磨きをかけてきただけある。守備ではシート打撃から好捕を見せ、2月11日に行われた紅白戦では初打席で中前に“プロ初安打”をマーク。藤本博史監督も「あれ何でもできそうやね。エンドランも右打ちもうまい」と、器用さを高評価する。本職は遊撃ながら、二塁に、11日の紅白戦で起用された三塁、外野もこなせる。複数ポジションの競争に顔を出し、開幕一軍、開幕スタメン獲りを狙う。

日本ハム北山亘基 待ち遠しい“全力投球”
 新人投手で唯一、一軍キャンプで汗を流す。182cmから投げ下ろす最速153キロの真っすぐが予想以上にプロの打者を押し込めている印象だ。2月10日には打撃投手を務め・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング