週刊ベースボールONLINE

2022新戦力完全CHECK

新天地で再び飛躍を! 西川遥輝(日本ハム→楽天/外野手)インタビュー ルーキーの気持ちで 「僕が入ったことでプラスの効果を与えられたらいい」

 

昨オフ、「ノンテンダー」という思わぬ形で日本ハムをリリースされた。所属先の決まらぬ不安な日々を乗り越え、楽天への入団が決定。その瞬間から気持ちは前を向いていた。この移籍を、自身の力に変えてみせる。
取材・構成=阿部ちはる 写真=井沢雄一郎

新たなユニフォームに身を包んだ西川。新たな境地で12年目のシーズンに望む


忘れてはいけないもの


 ベストナイン2度、盗塁王、ゴールデン・グラブ賞4度獲得の実力者が新天地でひときわ輝いている。移籍を経て「大切な気持ちを思い出せた」と語る西川遥輝は、その気持ちを全身で表現しているようだ。積極的に若手に話しかけ、全力で汗を流す。西川の加入には、チームのウイークポイントである走塁面でのカバーだけにとどまらぬ、プラスアルファの効果がもたらされる予感がある。

──春季キャンプではポジションを問わず、あらゆる選手とコミュニケーションを取るなど、充実した表情が見られます。

西川 何をやるにもすごく新鮮で、12年目ですけど、日本ハムに入団したときの気持ちをもう一度思い出させてくれているような感覚です。

──忘れかけていた気持ちというのはどういったところで感じていますか。

西川 言葉で表すのは難しいのですが、挨拶ひとつとってもそうですし、本当にすべてですね。人の顔と名前を覚えるところから始めているので、日本ハムに入ったときの記憶がよみがえって、「こんな感じだったなあ」と懐かしさもありつつ、忘れてはいけないものも忘れていたなと、そんなことを感じたりもしています。

──入団時との違いは自身がキャリアを重ねてきたこと、そして後輩たちが多いことだと思います。後輩たちに指導する姿も多く見られますね。

西川 コーチに言われたのがきっかけではあるのですが、積極的に聞いてくれる後輩たちもいますし、こうやってイーグルスに入ったからには少しでも貢献したいという気持ちもあります。僕が入ったことによってプラスの効果を与えられたらいいですし、僕の持っていることで伝えられる部分だったら、何でも伝えていきたいなと思っています。

──楽天の印象はいかがですか。

西川 チームカラーは日本ハムと大きくは変わらないのかなと思います。ただ、外から見ていた楽天のイメージよりも和やかでしたね。

──若手外野手の印象はいかがですか。

西川 いい選手も多くいますし、僕にとっても、またいい勉強になったなと感じています。技術面や考え方など、一緒にやることによって得られるものがすごくあるんだなと。

──特に大きな期待が寄せられている盗塁や、走塁技術に関しても話をしているのでしょうか。

西川 そうですね。考え方や技術的なことなど聞かれたことに対しては・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング