週刊ベースボールONLINE

2022新戦力完全CHECK

新外国人をデータで徹底解析 ホントにすごいヤツを探せ!【セ・リーグ編】

 

戦力において大きな比重を占める外国人選手。果たして今季から加入する新助っ人の実力はいかほどのものか。昨季のMLBデータをもとに投手中心に9選手をピックアップし、データ分析のスペシャリストに期待値を占ってもらった。
【パ・リーグ編はこちら】
解説=森本崚太 写真=Getty Images
※情報は2月13日時点。プロフィールは身長・体重/投打/2022年の満年齢/今季年俸。成績の[メ]はメジャー、[マ]はマイナー、[日]はNPB、[韓]は韓国、[米独]はアメリカ独立
※ボールの変化量の図は、重力の影響のみを受けてボールが到達した地点を原点とし、回転の影響を受けてどれくらいボールが曲がったかを投手方向から見て示したもの。●が2021年MLBでの各投手のボール、○が2021年のMLB投手全体の平均

阪神・ケラー[投手] ジョンソンの再来となるか


ケラー 19386/右右/29歳/年俸1億2430万円/前所属パイレーツ


2021[メ]32試合1勝1敗0S2H、防6.48
通算[メ]44試合1勝1敗1S2H、防5.83

 真っすぐとカーブの2球種ですが、カーブは速くて小さな変化のパワーカーブ。空振りの大半をこのパワーカーブで奪っています。やはりストレートとパワーカーブで19年に中継ぎで大活躍したピアース・ジョンソン(現パドレス)にとても似たタイプ。意識して同じタイプの救援投手を獲得したのではないでしょうか。ロベルト・スアレスの後釜として抑えも担えるかもしれません。

ケラーのボールの変化量

巨人・M.アンドリース[投手] 平均的な「MLB」投手


2021[メ]34試合2勝3敗1S3H、防5.21
通算[メ]217試合28勝37敗8S15H、防4.63

 球種の多い先発型です。一番の決め球は投球割合の34パーセントを占めるチェンジアップ。横変化は少なく落差が大きい速いフォークのイメージで、右打者にも左打者にも有効になるでしょう。引き出しが多いので捕手の組み立てがポイントになります。平均的な「MLB」投手というイメージなので・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング