週刊ベースボールONLINE

猛虎THIS IS IT

退任──選手たちへの信頼 阪神・矢野燿大監督「成長があるからこそ、退任を伝えた上で大丈夫だと」

 

誰もが新シーズンへの期待に胸膨らませる球界の“大みそか”に指揮官自ら今季限りでの退任を発表した。17年ぶりの優勝を果たすために考え抜き、選手たちを信頼しての行動だった。
写真=榎本郁也


 あの日以降、矢野燿大監督が語ってきた言葉を一つひとつ追って行くと「周りがどう思うかよりも、選手たちがどうとらえるか」を、徹底的に考え抜いた末の決断だったことが伝わってくる。

「俺の中で、今シーズンをもって監督は退任しようと思っているんで、それを選手たちに伝えた」

 2022年1月31日。キャンプインを翌日に控えた全体ミーティングの席で、今季限りで監督を退任すると選手らに伝えた。終了後のオンライン会見の画面上に晴れやかな表情で現れると、報道陣にも自ら切り出し、心境を語っていった。

「俺たち、(人間に)平等にあるのは『24時間』という時間と『死ぬ』ということだけなんで」

 いつまでも監督ではいられない。永遠にプロ野球選手を続けられる人間も、誰一人としていない。忙しく日々を過ごしていたら無限に感じられてしまう時間を、監督と選手でお互いに「有限のもの」として意識し直す道を選んだ。そうすれば・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング