週刊ベースボールONLINE

竜の逆襲 行け!立浪ドラゴンズ

中日・投手陣チェック カギを握る三本柱とライマル 盤石リリーフで逆転負けを阻止!

 

今季も間違いなく投手力を前面に押し出した僅差の戦いが続く。質、量ともに充実の投手陣は立浪ドラゴンズの大きな武器だ。

エースの大野雄大。今季から投手の主将に就任


六番手は誰になるか?


 一軍の北谷、そして二軍の読谷のブルペンで捕手のミット音が響く。リーグ屈指の投手陣たちが競うように腕を振り、黙々と投げ込む姿は圧巻だ。

 キャンプ初日から77球を投げ込んだのは大野雄大だ。2020年の沢村賞投手はその後も順調な調整を続け、リーグワーストの11敗を喫した昨年の借りを返そうと意気込んでいる。指揮官から投手の主将に任命され、本人もその自覚を持って行動している。シーズンを通して先発ローテーションを守り、とにかく1つでも多く、チームに勝利をもたらすことがエースの役割だ。2ケタ勝利は最低条件だが、10勝10敗では話にならない。貯金をつくれるかどうかだ。

 同じことは柳裕也にも言えるだろう。昨年は最優秀防御率と最多奪三振の2冠を獲得。大野雄とともに左右のエースとしてフル回転できれば、大きな連敗はなくなる。充実のキャンプを過ごし、表情にも余裕が見える。「続けて活躍できることが良い投手の条件。1年だけ良くても仕方がない。今年が勝負です」と言い切る。そしてここに昨年6年目にして初めて規定投球回に達した小笠原慎之介が加われば、さらに厚みが増す。チェンジアップとスライダーにもキレがあるが、目を引くのは力強いストレート。1年前はリリーフ転向の話もあったが、結果でそれを阻止した。この先発三本柱で35〜40勝、貯金10〜15がノルマとなる。

 強力な三本柱に続くのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング