週刊ベースボールONLINE

竜の逆襲 行け!立浪ドラゴンズ

井端弘和氏の視点 (中日OBからのメッセージ) 2022年ドラゴンズへの期待「立浪監督の就任と延長12回制でAクラスは間違いないと思います」

 

大きく変わったと評価の高い今季のドラゴンズだが、本当のところは、果たしてどうなのだろうか。低迷から脱出して優勝するためには何が必要なのか。OBの井端氏に忖度なしのエールを送っていただいた。

「負けているのに笑っているのは考えられない」と立浪監督は言う。チームが一つになって徹底的に勝利を追及していく


新人に過度の期待は禁物 ビジターは五割を目指す


 他球団と比べても投手力は高いと思いますが、まだ先発で計算できるのは大野(大野雄大)と柳(柳裕也)の2人だけ。それでも2人がそろって好成績を挙げたシーズンはないわけですから、今年はそれが求められます。昔の山本昌さん&今中(今中慎二)さんのように一緒になって活躍してもらいたいです。ここに小笠原(小笠原慎之介)が加わって三本柱となれば理想。その意味で小笠原にかかる期待は大きく、勝負の年でしょう。

 福谷(福谷浩司)、松葉(松葉貴大)もいますが、若い投手にも出てきてもらいたいですね。春季キャンプでいいボールを投げていたのは5年目の清水(清水達也)。昨年よりは期待できると思います。あとは2年目の高橋(高橋宏斗)も結果を出して評価が上がっていますが、打者が仕上がってくるのはこれから。開幕一軍に向けて、ここからが勝負になるでしょうが、昨年にはない若い力が出てきてチームを勢いづけてもらいたいです。出てきてほしい選手で言うのなら、梅津(梅津晃大)もそう。毎年のように期待値が高い投手です。キャンプで見た限りでは制球力がまだまだで、個人的に言えば、力もあって期待はしているけれども計算はできない、信用はしていないと、それくらいの気持ちです。

 又吉(又吉克樹)の退団は岩嵜(岩嵜翔)でカバーできるという声もありますが、それはまだ何とも言えません。それよりも祖父江(祖父江大輔)なり、福(福敬登)なり、抑えのR.マルティネスを含めてリリーフ陣が昨年のような結果を残せるかどうかが重要。ルーキーの石森(石森大誠)も即戦力のようですが、やってみなければ分からない。アマの実績はあくまでアマのもの。毎日のように試合が続くプロの世界で、どれだけの活躍ができるかは未知数。これはブライト健太や鵜飼(鵜飼航丞)にも言えることですが、ルーキーには期待しても戦力として計算はできないということ。おそらく立浪(立浪和義)監督も同じような考えだと思います。

 それでも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング