週刊ベースボールONLINE

チームスワローズ 連覇への挑戦

《CLOSE-UP》全員野球の体現者

 

経験と自信を得て成長したチームスワローズ。今季も一人ひとりが全力プレーで勝利に貢献する。もちろん、エース、キャプテン、四番だけではない。グラウンド、ベンチ、スタンドが一体となり、球団史上初の2年連続日本一を目指す。

村上宗隆・日本一の四番打者


村上宗隆●5年目/内野手/188cm97kg/右左


 開幕まであと1週間を切った3月20日の西武戦(ベルーナ)、オープン戦16試合目にして待望の第1号が飛び出した。新型コロナウイルスの影響でキャンプインが遅れたが、開幕に向けてしっかりと状態を上げてきた。「3割40本100打点」を目標に据える今季。だが、指揮官はその数字以上に、全試合四番打者としてグラウンドに立ち続けることを求める。指揮官の期待に応え、バットとその背中で連覇に挑戦する。

奥川恭伸・新エース誕生の時


奥川恭伸●3年目/投手/184cm82kg/右右


 次世代エースとして期待を受け、大一番でその実力をいかんなく発揮した2021年。今季は2ケタ勝利と規定投球回到達を目標に掲げる。オープン戦最終登板となった3月18日の西武戦(ベルーナ)では5回1失点(自責0)。「自分の意図した球が投げられた」と準備は整った。29日の本拠地開幕戦をスタートに、大躍進の一年が始まる。

原樹理・完全復活を期す


 右肩痛に苦しんできた右腕が、本来の姿を取り戻しつつある。昨季は369日ぶりの白星を挙げるなど・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング