週刊ベースボールONLINE

2022熱闘到来。2年目の真価

日本ハム・伊藤大海インタビュー 威風堂々。「僕の今年のトレンドが『抜き』です。本気じゃなくても抑えられる投球をやってみたいんです」

 

ルーキーイヤーだった昨季2ケタ勝利を挙げて先輩・上沢直之とともに両輪となりBクラスに沈むチームをけん引。東京五輪でも日本代表の金メダル獲得に貢献し、マウンドに白煙が上がる「追いロジン」が話題にもなった。2年目の今季は新型コロナ陽性で春季キャンプは出遅れたが、開幕までにきっちりと合わせてきた。新庄剛志BIGBOSSの采配を際立たせるのは伊藤大海の右腕だ。
取材・構成=滝川和臣 写真=高原由佳、山口高明、宮原和也

3月25日の対ソフトバンク開幕戦では四番手で2回を無安打無失点[写真は3月2日のオープン戦]


開幕前、最後の登板で見えた課題と収穫


 キャンプイン直前の1月30日、無症状ではあるものの新型コロナウイルス陽性判定を受けた。復帰は2月6日、その後はファームで調整を続け、一軍合流は20日まで待たねばならなかった。その影響もあってかオープン戦での登板は2試合のみ。最終登板となった3月18日のDeNA戦(札幌ドーム)は序盤から集中打を浴び、6回で4失点(自責点2)。納得できる内容とはほど遠いものの、志願してマウンドに立った最終6回を三者凡退に斬って取るなど光は見えた。試合の翌日、伊藤大海はインタビューに応じてくれた。当然ながら口を衝いて出るのは、前日の反省が多くを占めた。

──散髪したのは、いよいよ始まるぞ! という気持ちの表れ?  1年目は長髪がトレードマークにもなっていました。

伊藤 そうですね。シーズンが始まるということでフレッシュな気持ちで。自分ではあんまり、こだわりがないんですよね。長いのは東京五輪のイメージが強いのかもしれないですね。

──オープン戦最後の登板となった昨日の試合を振り返って(3月18日、DeNA戦=札幌ドーム。6回112球10安打、失点4自責点2)。変化球が少し高かったと試合直後は反省されていました。

伊藤 全体的に球を操り切れていない部分がありました。いろんなことが重なって、ずっと一軍で登板がなかったというのもありますし、力み過ぎたというのもあった。ストレートの精度も今一つでした。それでも最後の2イニング、100球あたりからのほうがいい感触は得られていました。
──変化球の使い方、配球など実戦のマウンドで試していた印象を受けました。

伊藤 配球に関しては、シーズン中とは変えていました。極端なことや、オープン戦でしかできないことをやっていました。こういうアプローチは、シーズン中にもすごく生きてくるんじゃないかと思います。

──スライダーをしつこいくらい続けてみたり、超スローカーブも交ぜていましたね。

伊藤 何球続けたら、打者の反応は変わってくるのかなと意識して投げていました。カーブは、そうですね。今の時期ならあれを投げて打たれてもいいので(笑)。シーズン中は何試合に1球投げるか、投げないかのボールです。実戦での緊張感、空気感、景色で投げることに意味があると思っています。それを昨日の試合で3〜4球投げられたのは収穫でした。

──カーブは2種類?

伊藤 はい。極端に遅いのと、110キロくらいのですね。握りも変えていて、片方は人さし指を立てて中指だけで投げている感じですね。

──最後の6回はテンポアップしたように見えましたが、クイックで投げていました。

伊藤 それもありますし・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング