週刊ベースボールONLINE

2022熱闘到来。開幕投手の矜持

開幕1球目の真実 託された男たちのドラマ【パ・リーグ編】

 

投じられた球は12球、うちストレートが10球、変化球が2球。3月25日の開幕戦で、エースたちが投げ込んだ1球目の結果だ。球界全体で12人しか得ることのできぬ開幕投手の誇りと重圧を綴る。
写真=井沢雄一郎(楽天生命パーク)、大泉謙也(ベルーナ)、湯浅芳昭(PayPayドーム)
【セ・リーグ編はこちら】

12球団最速の勝利投手


楽天0-4ロッテ(楽天生命パーク)

楽天・則本昂大


 2022年のプロ野球は楽天・則本昂大の1球で幕を開けた。

 16時1分、楽天生命パークでのロッテ戦。その表情は柔らかい。天を仰ぎ、自身を鼓舞する言葉をつぶやくと、ルーキー捕手・安田悠馬のサインにうなずいた。大きく振りかぶった右腕から投じられたのは149キロのストレート。わずかに低めに外れボールとなったが、強気のインコース低めは開幕にふさわしい1球となった。2年ぶり7度目。これは楽天の初代エース・岩隈久志を抜いて球団最多だ。ルーキーイヤーに開幕投手を務め、優勝まで駆け上がった13年から始まり、プロ10年目のシーズンは自慢の直球でスタートを切った。

ロッテ・石川歩


 相手マウンドにはベテラン右腕が立った。自身2年ぶり3度目の開幕マウンドとなったロッテの石川歩は、いつものようにポーカーフェイスを崩さない。16時7分、まだ夕暮れどきの仙台で、高卒ドライチ捕手・松川虎生のサインにうなずき、シーズンの1球目のストレートを投じた。139キロとスピードはないものの、それこそが右腕の武器。同じ球速帯で、同じ軌道から沈むシンカーとの相乗効果をもたらすもの。低めに制球された直球が、安定感ある投球を支え、開幕マウンドも直球にシンカーを織り交ぜて凡打の山。それも10の内野ゴロが石川の投球スタイルを物語る。

 試合は2人の投げ合いで0対0のまま6回表に入るが、則本が四球をきっかけに3点を失い途中降板。「四球がもったいなかった」と唇をかんだ。一方、「投げたいボールのサインが出た」と振り返った石川は、松川とのバッテリーも息ピッタリで2、6、7回以外はすべて三者凡退の無四球。7回を3安打無失点で12球団最速の勝利投手となった。

“1”を大事にしたエース


西武0-6オリックス(ベルーナ)

 昨季の沢村賞右腕が風格を漂わせてマウンドに向かったのは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング