週刊ベースボールONLINE

2022ルーキー最新事情

次なる新戦力は誰だ!? 球団別ルーキーの現在地【西武・ロッテ・オリックス】

 

ここからは各球団のルーキーたちの現在地を確認していこう。まだ序盤戦だが誰がチームの新たな力になっていくのか。
※各球団の表は支配下のみ、丸数字はドラフト順位
【日本ハム・楽天・ソフトバンク】はこちら

西武・内容を求められる2人の先発左腕


<右>佐藤隼輔[投手]


 2人の新人左腕が開幕から先発ローテーションで奮闘している。ドラフト1位・隅田知一郎、同2位・佐藤隼輔。前評判どおりのピッチング内容を見せる両サウスポーは、もはやチームに欠かせない存在だ。

 隅田は開幕2戦目でプロ初勝利をマーク。その後も、高いゲームメーク能力を発揮。3試合に投げ、防御率は0.96と抜群の安定感を誇っている。佐藤もプロ初登板となった3月29日の日本ハム戦(札幌ドーム)に5回無失点でプロ初勝利を挙げた。続く4月5日の楽天戦(楽天生命パーク)は3回5失点で負け投手となったが、3戦目、12日の日本ハム戦(ベルーナ)は5回2失点。チームを勝利に導けなかったが、最低限の仕事を果たした。

 しかし、辻発彦監督の要求は高い。この日の佐藤のピッチングに関して「点の取られ方がね。(相手先発の)加藤(加藤貴之)と違って、ストライクを先行してピッチャー有利のカウントをつくることができなかった。はっきりしたボール球を少なくして、際どいコースで勝負できるようにならないといけない」と辛口評価。2ストライクと追い込んだときに勝負球を明らかにボールのコースに投げて見逃される。徐々にカウントが悪くなって四球を恐れ、制球が甘くなる点を問題視した。

 打線が低調で、チームが苦境に陥っていた現状もあったのだろう。だが、指揮官が高いレベルを求めるのも、それに応えるだけの能力があると認めているからだ。隅田、佐藤の2人の出来が今季のチームの行方を左右すると言っても過言ではない。

 その他の新人選手は二軍で修行中。ドラフト4位・羽田慎之介ら高卒は体づくりがメーンとなっている。キャンプで“鬼肩”が注目されたドラフト3位・古賀悠斗は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング