週刊ベースボールONLINE

2022ルーキー最新事情

次なる新戦力は誰だ!? 球団別ルーキーの現在地【日本ハム・楽天・ソフトバンク】

 

ここからは各球団のルーキーたちの現在地を確認していこう。まだ序盤戦だが誰がチームの新たな力になっていくのか。
※各球団の表は支配下のみ、丸数字はドラフト順位
【西武・ロッテ・オリックス】はこちら

日本ハム・ドラ8北山が抑えで3勝高卒新人も実戦デビュー


北山亘基[投手]


 ドラフト8位指名で釣り上げた右腕は、なかなかの怪魚だったようだ。北山亘基が最初にその魚影を水面下にさらしたのが、キャンプ第3クールの打撃投手でのこと。主力を相手にしたフリー打撃で、ストレートのみの投球ながらほとんど打球を前に飛ばさせることなく、スピンの効いたボールで空振りも奪った。最速156キロをマークする直球を首脳陣が放っておくはずもなく、落差のあるカーブ、低めに制球されるフォークで、オープン戦5試合で0勝0敗2セーブ、防御率0.00とクローザー候補に名前が挙がるようになった。

 そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの右腕をBIGBOSSは、開幕投手に指名するサプライズ。北山も期待に応え、2回無失点と大役を果たした。その後は、クローザーに定着。4月6日のロッテ戦(札幌ドーム)ではチームのサヨナラ勝ちを呼び込む投球でプロ初白星。12日の西武戦(ベルーナ)では初セーブを挙げ、ここまで7試合で3勝1ホールド1セーブ、防御率0.00と安定感を誇っている。北山を中心とした勝ちパターンが確立されれば、苦戦が続く日本ハム浮上の起点となる可能性はある。また、左腕の長谷川威展も一軍登板を果たしている。

 キャンプでは上川畑大悟水野達稀の内野手2人が一軍スタートで高い評価を集めた。しかし、上川畑は右ヒザ外傷性骨挫傷で離脱し、現在はリハビリに専念する。一方の水野は九番・遊撃で開幕スタメンの座を勝ち取った。しかし、高い守備力と合わせてオープン戦で披露したパンチ力のある打撃は影を潜め、ファームで再調整が命じられた。

 そのファームの本拠地である鎌ケ谷では、育成に主眼が置かれた高卒ルーキーたちが順調にイースタン・リーグで経験を重ねている。中でもドラフト2位の有薗直輝は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング