週刊ベースボールONLINE

注目選手クローズアップ【大学生編】

侍ジャパン指揮官が認めた大器 矢澤宏太(日体大・投手&外野手) リアル二刀流の新たな領域

 

侍ジャパントップチームを指揮する栗山英樹監督は、3月5、6日に予定されていた台湾との強化試合(新型コロナ禍で中止)で大学生2人を招集する予定で準備していた。その一人、打って、投げてのリアル二刀流を、NPBスカウトはどう見ているのか。興味深い「評価」を得ているようだ。
取材・文=岡本朋祐 写真=中島奈津子

外野の間を抜けば、軽く三塁打。ミートがうまく、この一冬を越えて飛距離も増した実感がある


 異次元の世界が広がっている。矢澤宏太は開幕から3カードを終えた時点(4月24日現在)で、投げては3勝無敗、防御率0.64。打撃では打率.458、1本塁打、7打点と、首都大学リーグにおいて、圧倒的な存在感を放っている。しかも、驚きなのが「稼働率」である。出場全7試合でベンチに退いたのは、開幕戦の桜美林大1回戦を5回無失点(三番、4打数4安打3打点)でマウンドを降りた1試合のみ。各カード1回戦で先発して1完投、降板後に右翼へ回ったのは2試合、そして、2回戦3試合は主砲のDHでフル出場する流れとなっている。投手と野手、完全分業制の大学野球では特殊なケースだ。

 最終学年を迎えて、目標は大きく分けて2つ。まずはチームとして「リーグ優勝と日本一」。個人としては「最優秀投手と首位打者」を掲げた。矢澤は2年秋に外野手、3年秋に投手部門のベストナインを受賞。3年春以降は1回戦で投手として先発しながら打席にも立ち、2回戦で打者という起用でプレー。今春、投打双方でのタイトル奪取となれば、リアル二刀流の新たな領域へと突入することになる・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング