週刊ベースボールONLINE

注目選手クローズアップ【高校生編】

山田陽翔(近江高・投手) 甲子園を味方にした準優勝投手

 

センバツで力投する姿に心を打たれた。惜しくも優勝は逃したが、代替出場の主将兼エースは、甲子園に足跡を残した。目標は夏の全国制覇と、プロ入りだ。
取材・文=沢井史 写真=宮原和也

昨夏の甲子園4強、今春は準優勝。夏の目標は一つしかない。投打二刀流での活躍を誓う


 3月17日から31日まで、近江高は激動の2週間を過ごした。「最初にセンバツに出られることを聞いたとき、出場できるどうこうよりもまず、何があったんやろうって思いました。素直には喜べなかったですし、どう受け止めたらいいのか……」。

 新型コロナウイルスの影響で、京都国際高が開幕前日(17日)に出場辞退。近畿地区補欠1位校である近江高の繰り上げ出場が決まった。「もしものことを考えて準備はしていました」と明かすが、実際の調整は難しかった。長崎日大高との1回戦は大会第2日(20日)。急ピッチで仕上げ、延長13回、自らのバットで決勝点を挙げた。投げては、165球の熱投を見せた。ハイライトは浦和学院高との準決勝だ。5回、左足に死球を受けたが、痛みを押して続投し、6回以降は失点を許さない。この粘投が11回裏、バッテリーを組む大橋大翔のサヨナラ本塁打につながった。準決勝まで4試合連続完投勝利。大阪桐蔭高との決勝で力尽きたものの、5試合で594球。準優勝投手・山田の魂の投球に、心を揺さぶられた者は多かったはず。昨夏の甲子園は4強。頂点に上り詰めることはできなかったが主将、エース、四番と3つの肩書を持つ山田は強烈なインパクトを残した。

第100回記念大会決勝の記憶


 3歳上の兄・優太さん(日体大3年)の背中を追い、小学1年で野球を始めた。「子どものころは兄がずっと目標でした。自分よりも年上だからというのはありますが、バッティングもボールの速さも、兄にまったく追いつけなかったです。でも、兄を超えたら親から認められると思っていました」。些細(ささい)なことでも兄に勝負を挑み、負けず嫌いな部分を見せた。身近な存在を追い掛けながら、技術を磨いてきた。

 優太さんは大阪桐蔭高に進学。当時2年生で2018年夏の甲子園は、金足農高との決勝の応援にも駆け付けた。実は山田自身、中学時代は大阪桐蔭高のすごさをあまり知らず、甲子園にもそれほど大きな関心はなかったという。しかし、第100回記念大会の決勝を見て、思いが変わった。プロ野球選手になることだけを夢見てきたが「甲子園に行きたい!」とあこがれが膨らんだ。

 中学1年、3年とボーイズの日本代表でプレー。大阪桐蔭高からも声が掛かるほど、投打で高いポテンシャルを発揮していた。進路を考えた当初は、1992年夏の甲子園で正捕手として4強に進出した父・斉さんの母校・東邦高に気持ちが傾いていたという。同時に地元・滋賀で野球を続けたい思いも芽生え、悩んだ末に近江高への進学を決めている。

 近江高では1年夏の独自大会でベンチ入りを果たした。光泉カトリック高との初戦(2回戦)で、熱中症で降板した先輩投手を好救援したうえ、自ら決勝打を放って鮮烈な高校野球デビュー。だが、ここから試練の日々が続く。1年秋の県大会決勝ではサヨナラ打を浴び、神戸国際大付高との近畿大会1回戦でも逆転打を浴び敗退。そして2年春、立命館守山高との3回戦でも逆転負けを喫し、夏のシード権を失っている。

「1年生の秋は背番号1を着けさせてもらっていましたが、自分が何でも率先してやる気持ちが薄れていました。ただ投げているだけというか、自分は1年生だから、2年生になっても2年生だからと・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング