週刊ベースボールONLINE

竜魂インタビュー

中日・高橋宏斗インタビュー 自慢のストレートで真っ向勝負 「自分から真っすぐをとったら何も残らない投手ですから」

 

150キロ超の力強い真っすぐが一番の武器だ。2021年のドライチは昨年、一軍登板は一度もなく、ファームでも白星をつかむことができなかった。しかし今季、一軍デビューを飾って2勝をマーク。高卒2年目の若竜がチームに勢いを与えている。
取材・構成=牧野正 写真=桜井ひとし、BBM


一軍と二軍の違い


 高卒2年目とは思えない気持ちの強さ、堂々としたピッチングで、投げるたびに評価を高めている。スプリット、スライダー、カーブと変化球も巧みに操るが、何よりも持ち味は切れ味抜群のストレート。3月30日のDeNA戦(バンテリン)でプロデビューを果たすと、続く4月7日のヤクルト戦(神宮)でプロ初勝利を手に入れた。「とにかく勝ちたい」と勝利にこだわる19歳。投手王国のドラゴンズにおいて、将来のエース候補であることは間違いない。

──開幕からここまで4試合に先発しましたが、振り返っていかがですか。

高橋 順当に来ていると思いますし、体も問題はありません。今はもう結果を求めて投げているという感じです。

──2勝2敗という結果については。

高橋 2勝しているというより、2敗している事実のほうが、自分の中では大きいと思っています。勝つことの難しさを痛感しています。

──4月29日の広島戦(バンテリン)は5回1失点ながら、相手エースの大瀬良大地投手と投げ合いました(9回完封)。何か感じたこともあったのでは。

高橋 自分は調子が良くないながら何とか粘ることはできましたが、大瀬良さんのピッチングに圧倒されていました。ずっと相手のペースの中で“投げさせられている”という感じでした。

──プロ初登板は本拠地バンテリンでしたが、そのときの気持ちは。

高橋 やっとスタートラインに立てたかなという気持ちはありました。バンテリンはオープン戦でも投げてはいたのですが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング