週刊ベースボールONLINE

11球団の誤算! 大誤算!?

楽天・ギッテンス離脱で強力打線完成は道半ば/2022序盤戦チェック

 

前年2位の阪神が開幕戦で8対1から逆転負けし、そのまま、まさかの開幕9連敗を喫した2022年シーズン。新型コロナ感染による離脱者が相次ぎ、なかなか思うような戦いができないチームも多い。ここからは今週号特集の中日以外、11球団序盤戦の「誤算」にフォーカスしてみたい。
※情報は5月8日現在

デビュー戦でまさかの負傷離脱となったギッテンス。長期離脱は大きな痛手だ


 デビュー戦でのまさかのアクシデントとなった。新外国人・ギッテンスは一軍合流初日となった4月5日の西武戦(楽天生命パーク)、五番・指名打者で先発出場したが、その第2打席で悪夢のような出来事に遭遇する。4球目に空振りした際に左手首を負傷し、その場でうずくまってしまう。交代し、そのあとに病院で受診。「ざっくり言えば骨折。オールスター近いところまではかかるかな。ただ、本人はやる気なので、まず先に早く直してというところ」。石井一久GM兼任監督は見通しを語った。

 2年連続のアクシデントとなった。昨季も新助っ人のカスティーヨが同じくデビュー戦の初回の第1打席、スイングした際に左腹斜筋を痛めて負傷交代。約2カ月後に復帰したが、その後も調子が上向くことはなく、同年オフに退団している。

 ギッテンスは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング