週刊ベースボールONLINE

11球団の誤算! 大誤算!?

広島・中崎離脱で早くも勝ちパターン投壊/2022序盤戦チェック

 

前年2位の阪神が開幕戦で8対1から逆転負けし、そのまま、まさかの開幕9連敗を喫した2022年シーズン。新型コロナ感染による離脱者が相次ぎ、なかなか思うような戦いができないチームも多い。ここからは今週号特集の中日以外、11球団序盤戦の「誤算」にフォーカスしてみたい。
※情報は5月8日現在

春季キャンプから好調だった中崎だが、完全復活とまではいかなかった


 29年ぶりとなる開幕6連勝は、投打のバランスの良さが生んだ。先発陣もさることながら、ここ数年課題だったリリーフ陣、特に勝ちパターンに変化が。春季キャンプから力強い投球と安定感を見せていた中崎翔太が、抑え・栗林良吏のつなぎ役にハマり、左(投手)なら塹江敦哉、右なら島内颯太郎。ついに陣容が固まったかに思われたのだが……。

 5月8日現在、リリーフ陣に負けがついた試合は、先発陣を上回る8試合。そのうちの4敗を中崎が喫している。開幕当初から失点が許されない厳しい場面での登板が続く中、制球難による不安定さはだんだんと顕著に。4月28日のヤクルト戦(マツダ広島)では・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング