週刊ベースボールONLINE

11球団の誤算! 大誤算!?

ソフトバンク・守護神が無期限二軍調整 苦しいリリーフ事情/2022序盤戦チェック

 

前年2位の阪神が開幕戦で8対1から逆転負けし、そのまま、まさかの開幕9連敗を喫した2022年シーズン。新型コロナ感染による離脱者が相次ぎ、なかなか思うような戦いができないチームも多い。ここからは今週号特集の中日以外、11球団序盤戦の「誤算」にフォーカスしてみたい。
※情報は5月8日現在

開幕から1カ月持たず離脱となってしまった森[写真中央]。復帰メドは立たず……


 防御率2.29と安定感を見せるリリーフ陣だが、盤石かと言われると決してそうとは言えず。なぜなら、守護神・森唯斗を欠いているからだ。

 昨季、離脱者に悩まされたリリーフ陣は、敗因の一つとなった。今春もL.モイネロ、森がともに出遅れ。それでも何とか開幕には間に合い、新戦力の又吉克樹藤井皓哉らも加えて、ベストメンバーでスタートを切ることができた。藤本博史監督も個々の負担を考慮して「3連投は絶対に自分の中ではない」。やりくりの甲斐あって、チームは開幕8連勝を果たしている。

 森も開幕ダッシュの立役者の一人だった。開幕から無失点投球で6連続セーブ。しかし、初失点がチームにとっても今季初となる黒星につながった4月6日のオリックス戦(PayPayドーム)をきっかけに・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング