週刊ベースボールONLINE

11球団の誤算! 大誤算!?

阪神・新クローザー候補のケラーがまったく機能せず/2022序盤戦チェック

 

前年2位の阪神が開幕戦で8対1から逆転負けし、そのまま、まさかの開幕9連敗を喫した2022年シーズン。新型コロナ感染による離脱者が相次ぎ、なかなか思うような戦いができないチームも多い。ここからは今週号特集の中日以外、11球団序盤戦の「誤算」にフォーカスしてみたい。
※情報は5月8日現在

来日後2週間で実戦を積まずいきなりクローザーで開幕を迎え、逆転負けを喫したケラー


スアレス」(ロベルト・スアレス)という大きな守護神が抜けた穴を痛感した。セ・リーグ記録となる開幕9連敗の発端は、開幕戦だった。5回までに昨年の覇者、ヤクルトを相手に7点差をつけた。これで圧勝スタートが切れると誰もが思ったに違いない。

 それがあっと言う間に1点差まで詰め寄られ、9回へ。矢野燿大監督は満を持して、新助っ人のケラーをクローザーとして送り出した。しかし、山田哲人に同点のソロ本塁打を浴び、さらに無死一塁からサンタナに逆転の2ランをバックスクリーンに叩き込まれた。その裏、猛虎打線は無失点に抑えられ8対10の大逆転負けを喫する。

 ここから歯車が大きく狂った。ケラーは新型コロナ禍の影響で・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング