週刊ベースボールONLINE

11球団の誤算! 大誤算!?

日本ハム・不安定な投手陣 防御率は4.15に悪化/2022序盤戦チェック

 

前年2位の阪神が開幕戦で8対1から逆転負けし、そのまま、まさかの開幕9連敗を喫した2022年シーズン。新型コロナ感染による離脱者が相次ぎ、なかなか思うような戦いができないチームも多い。ここからは今週号特集の中日以外、11球団序盤戦の「誤算」にフォーカスしてみたい。
※情報は5月8日現在

昨季チーム最多12勝をマークした上沢はいまだ1勝


 昨年まで貧打のチームを支えてきた投手陣に誤算が続いた。エース格の上沢直之は調子が上がらず、1勝4敗。先発ローテとして期待された立野和明河野竜生も安定せずに、現在はファームでの調整を余儀なくされている。新戦力の助っ人はポンセが2試合に先発しているものの、メジャーでの実績が高く評価されていたガントはファームでの実戦登板すらない。現時点で計算できる先発は、3勝の伊藤大海と、チーム唯一の防御率2点台の加藤貴之の2投手のみと苦しい状況で、昨年まで抑えを務めた杉浦稔大をメンタル面も考慮して先発に配置転換させるなど、開幕前のプランどおりに事は運んでいない。

 リリーフ陣も同様だ。中継ぎでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング