週刊ベースボールONLINE

外国人特集2022

今年はやる!? やらない!? 2022新外国人名鑑一覧【パ・リーグ編】

 

2022年シーズンは31人(シューメーカーは別途インタビューあり)の新外国人が12球団でプレーしている。すでに大活躍中の選手、これから来日する選手とさまざま。ここではその30人をセ・パに分けて一気に紹介していく。
【セ・リーグ編】はこちら
※成績、年齢はすべて5月12日現在
※成績のEはイースタン、Wはウエスタン

楽天・マルモレホス 好調チームを支える「マル」


2022成績 31試合29安打3本塁打15打点0盗塁、打率.252

ホセ・マルモレホス●外野手/左投左打/188cm108kg/29歳


 本塁打や適時打を放った際に両手でつくる「マル」ポーズがチーム内に浸透するなど、早くも人気者となっている。3月上旬に来日し、開幕には間に合わなかったが、2カード目から登場。本塁打は3本にとどまっているものの、5月に入ると8試合連続安打をマークするなど調子は上向きだ。ホームラン談話では「ワクイサン(涌井秀章)のために打ててよかったよ」と話すように、仲間思いの一面も異国での活躍につながっている。上位には島内宏明浅村栄斗など出塁率の高い打者が多いため、今後は打点を挙げるシーンも増えそうだ。

楽天・ギッテンス 悪夢のデビュー戦負傷離脱


「パワーに自信がある。最低でも(本塁打)20本以上を(目標に)掲げている」。3月15日、一軍に合流した際にこう語っていた。イースタンでは・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング