週刊ベースボールONLINE

外国人特集2022

2022年もオレたちが主役だ! 在籍年別外国人名鑑一覧【3〜4年目】

 

今季の新助っ人以外の外国人は39人。インタビューに答えてくれたマクガフ(ヤクルト)とY.グラシアル(ソフトバンク)以外の37人の活躍ぶりを名鑑として一気に紹介しよう。2年以上在籍している球団が一人もいないところもあるなど、読めば意外な事実が見えてくるかも……。
写真=BBM
※成績と年齢は5月15日現在、在籍年数は支配下年数
※Eはイースタン成績、Wはウエスタン成績

【4年目】R.デラロサ[巨人/投手]


2022年成績 9試合0勝0敗1S4H、9回8振2自責、防2.00
NPB通算 116試合4勝0敗33S27H、106回102振30自責、防2.55

ルビー・デラロサ●33歳/右投右打/183cm95kg/ドミニカ共和国出身/巨人19途〜=4年目


ブルペンを支える剛腕
 2019年途中でチームに加入するとクローザーを任され、いきなり胴上げ投手に。翌20年は背番号を「97」から愛着ある「12」とした。160キロに迫る剛球とパワーカーブのようなスライダーで打者を圧倒し、来日当初の制球難は改善されてマウンドでの落ち着きも出てきた。3年間負けなしと勝負強さも備え、ブルペンを支え続けている。今季は開幕直後こそ乱れたものの徐々に復調を遂げている。

【4年目】マルテ[阪神/内野手]


2022年成績 11試合26安打0本塁打1打点0盗塁、打率.143
NPB通算 273試合2460安打138本塁打135打点1盗塁、打率.262

ジェフリー・マルテ●30歳/右投右打/185cm102kg/ドミニカ共和国出身/阪神19〜=4年目


ボール球を振らない我慢の男
 入団当初は実績が上のボーアの陰に隠れ、ケガなどもあり存在感が薄かったが、コツコツと日本の野球に慣れていき、昨季から三番に入った。外角のストライクからボールになる変化球には手を出さない打撃で、出塁率を上げ首位争いの原動力となった。4年目の今季はさらにシェイプアップして来日も、開幕直後にケガで戦線離脱した。5月10日に一軍に復帰したものの、打撃の調子が上がってきていないところが悩みだ。

【4年目】ブセニッツ[楽天/投手]


2022年成績 12試合1勝0敗0S7H、11回11振3自責、防2.45
NPB通算 143試7勝7敗18S52H、135回111振44自責、防2.93
救援でフル回転を見せる剛腕
 メジャーでは2017年から2シーズンで51試合に登板。19年に楽天入りすると、シーズン途中からセットアッパーに定着し、54試合登板とフル回転を見せた。155キロを超える速球とカーブを武器に、緩急自在に打者を打ち取るスタイル。松井裕樹が先発転向した20年には抑えを任され、18セーブ。今季は新型コロナ陽性判定で開幕後に離脱も4月半ばに復帰。だが、5月15日に右足骨折の疑いで再び離脱となった。

【4年目】C.スチュワートJr.[ソフトバンク/投手]


2022年成績 登板なし
NPB通算 11試合0勝2敗0S1H、23.2回36振16自責、防6.08
開花が楽しみな日米注目右腕
 入団時から話題をさらった右腕。2018年のMLBドラフトでブレーブスから1巡目指名(全体8番目)を受けるも契約合意に至らず、大学を経て19年5月に日本でプロキャリアをスタートさせた。育成重視の球団方針もあって、来日3年目の昨季・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング