週刊ベースボールONLINE

躍進の黄金世代

2001年世代の現在地 S奥川恭伸、B宮城大弥、D石川昂弥

 

球団の未来を担う顔がズラリと並ぶ。経験を積みつつ主力として一軍舞台で結果を残している高卒3年目。同世代へのライバル心も胸に秘め、さらなる飛躍へ腕を磨く。
※成績は5月19日時点

ヤクルト・奥川恭伸 再び目標へ


22年成績/1試合、0勝0敗0S0H、防御率2.25
通算成績/20試合、9勝5敗0S0H、防御率3.57

 想定外の展開だった。3月29日の巨人戦(神宮)、今季初登板の奥川恭伸は、本拠地開幕戦の先発マウンドを任されていた。序盤3回を危なげなく抑えるも、4回に岡本和真にソロ本塁打を浴び、試合は1対1の同点に。続く5回のマウンド、そこに奥川の姿はなかった。4回53球1失点。まさかの緊急降板だった。

 翌30日には登録を抹消。状態は上半身のコンディション不良だった。高津臣吾監督は「(登録)抹消は予定どおりだったんですけど、そのあとは予定どおりとはいかなかった」とまさかの事態を受け止めるしかなかった。思わぬ形での離脱だが、これまでの姿を見れば、大きくなって帰ってくると信じることができる。

 星稜高からドラフト1位で入団した2020年。高卒ながら「即戦力右腕」の期待が集まったが、右肩痛、右ヒジ痛の影響もあり、一軍登板はシーズン最終戦の1試合のみ。3回途中5失点の内容だった。散々な投球にも、ケガ明けによる実戦不足を指摘し「当然の結果。もっとやれる」と分析していた。

 そして昨季、その言葉どおり躍動した。フォームを改良し、シーズン9勝。CSファイナルステージ初戦で完封勝利、日本シリーズ初戦でも好投し、日本一の立役者に。ケガを乗り越え、ドラフト指名会見時に掲げた「勝てる投手になる」という目標を達成した。

 飛躍の源は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング