週刊ベースボールONLINE

逆襲の犬鷲 CLOSE UP

楽天・銀次、島内宏明、松井裕樹 「生え抜き」の矜持

 

「生涯楽天」を誓った3人の、チームに対する思いは特別だ。目指す場所は頂点しかない。それぞれの胸の内に迫る。

銀次 東北を笑顔に


27試合、14安打、0本塁打、8打点、0盗塁、打率.311

銀次[内野手/17年目/34歳]


「もう一度この球団で優勝、日本一になれたらいいなといつも思っています。毎日」。東北出身の17年目。優勝への思いは強い。

 6月6日現在、代打打率は.571。代打・銀次のコールが響くと、球場のボルテージは一気に上がる。「自分のその一打席を見に来てくれる人もいると思うので、情けない打席は見せたくない」。勝利のため、ファンのため、その一打席に全身全霊を込める。「今、この立ち位置にいるのは、すごく期待されているなというのはあります。しっかり活躍しないと。そこで決まるわけですから」。

 背負うものはないと笑うが、ずっと変わらない強い思いもある。「東北、被災地を笑顔にできるように」。銀次の一打が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング