週刊ベースボールONLINE

逆襲の犬鷲

【解説者の視点】江尻慎太郎&鉄平 「投手に欠かせない“敗戦ロング” 中軸の打者に欲しい積極性」

 

開幕当初から守り続けてきた首位の座をソフトバンクに明け渡した楽天。優勝戦線に踏みとどまるためにはどのような戦いをしていくべきなのか。楽天生命パークでの主催試合の際に解説者として活躍する江尻慎太郎鉄平の両氏に投手、野手について聞いた。

【投手編】江尻慎太郎「敗戦試合でいかに投手をつぎ込まないか」


松井裕樹[手前]を中心にしたブルペン陣は、離脱者を出しながらもカバーし合えている


苦手チームを作らない

 やはり先発投手と抑え投手が安定していることが楽天投手陣の安定感につながっていると思います。前と後ろが安定しているとリリーフの心の準備がいつも一緒になりますから。涌井秀章ブセニッツ両投手の負傷離脱は痛いですが、それをカバーできる投手はいますから、この状況を乗り越えてほしいですね。

 先発陣で言えば田中将大則本昂大早川隆久の各投手が軸になると考えています。この3人が2ケタ勝つことが優勝に向けて大きなポイントになるでしょう。早川投手に関しても心配はしていません。1年目から大事に使われていましたし、大学でしっかりと鍛え上げられていますから、昨年の夏場のような疲弊した状況が出てくることはないはずです。それだけに苦手チームを作りたくないですね。投手は1試合やられてしまうと攻略されているのではと考え、変えにいこうとしてしまいますが、結果を残している投手ですから自分の投球を続けてほしいです。また楽天生命パークは自然の影響を大きく受ける球場ですので野手との連係がとても重要になります。早川投手がホームという地の利を使えるようになると今後はもっとラクに勝てる試合が増えてくるでしょう。

 優勝に向けて最も大事なのが、“敗戦ロング”の存在です。先発投手が序盤に崩れ大量失点した際にマウンドに上がり、回またぎをいとわず、試合を落ち着かせることができる投手。昨季前半は安樂智大投手が務め、今季は石橋良太投手が務めていますが、この敗戦ロングが安定しないと負け試合で何人も投手を使ってしまい、いい試合が来たときも崩れてしまう。

 優勝するチームには火消しのあと、3イニングくらいをポンポンとつないでくれるいい投手が一人はいます。「長く投げてほしい=打たれないでほしい」ですし、相手打線に火がついた状態でいかなければいけないので非常にハードルは高い。インコースを攻めることができ、キレのいいシュートを持つ石橋投手はこのポジションに最適だと考えます。石橋投手や西口直人投手には・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング