週刊ベースボールONLINE

変化球特集「落とす」を極めろ!

エンゼルス・大谷翔平 メジャーをも席巻 究極のスプリット

 

6月29日のホワイトソックス戦、初回3つのアウトは、すべてスプリットを空振りさせた三振だった。この球種が好調なときはすべての球がすごさを増す。大谷の「落とす」球は、まさに魔球だ。
文=奥田秀樹 写真=Getty Images

大谷翔平[エンゼルス/投手・DH]
2022年13試合7勝4敗、74回101振、防御率2.68

大谷の最大の武器であるスプリット。開幕当初は使用していなかったが、現在は三振を奪うだけの落差を維持。今後もこの球種で席巻し続ける


「調子がいいときは本当に良く落ちる」とエンゼルスの解説者マーク・グビザが舌を巻く。現地時間6月29日の試合、大谷翔平はスプリットで5個の三振を奪いスプリットでは今季通算37個目となった。29日終了時点でMLBの中で、スプリットで一番多く三振を奪ったのはブルージェイズのケビン・ガウスマンで63個、2番目がアスレチックスのフランキー・モンタスで40個、大谷は3番目となった。

 しかしながら、大谷は往年の野茂英雄のような真っすぐかフォークかという投手ではない。この試合はスプリットで5個、スライダーで5個、カーブで1個の三振を奪った。その前のロイヤルズ戦ではスライダーで5個、スプリットで4個、カーブで3個、真っすぐで1個だった。もちろん最大の武器はスプリットだが、スライダーとカーブも空振り率は40%を超える。それが6月9日のレッドソックス戦から選手生活で最長の21回2/3で無失点を続ける理由になっている。

 さて・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング