週刊ベースボールONLINE

2022ドラフト注目選手クローズアップ【社会人編】 都市対抗を控えた精鋭

河野佳(大阪ガス・投手)黒獅子旗を目指す社会人No.1投手「都市対抗で結果を残せば、自ずとそういう結果もついてくると思う」

 

真夏の球宴・都市対抗野球大会は7月18日から12日間、東京ドームで開催される。昨年の社会人日本選手権のMVP右腕は、この夏の投球で「評価」を固めていきたいところだ。
取材・文=小中翔太 写真=太田裕史

最速151キロ。入社2年目の昨年は社会人日本選手権で2大会連続優勝へ導き、MVPを受賞するなど、実績は十分。「即戦力」と評価されるのも理解できる


 即戦力候補の筆頭、社会人No.1投手に復調の兆しが見えた。高卒3年目・河野佳が文字どおり、大黒柱として大阪ガスをけん引している。

 薄氷の代表権だった。近畿地区二次予選、大阪ガスは崖っ縁に追い込まれていた。出場枠は残り1。日本生命との第5代表決定戦を制し(7対0)、5年連続28回目の東京ドーム切符を決めた。この土俵際で踏ん張ったのが、7安打を浴びながらも要所を締め、完封した河野だった。

 入社2年目の昨年はベストナイン、最多勝利投手賞、最優秀防御率賞の投手3冠に輝きながら、今年は調子が上がっていなかった。それだけに「負けたら終わりというプレッシャーの中、こういう試合ができて良かったです。予選で落とした2試合は自分が敗戦投手だったので絶対、自分が投げて勝ちたいと思っていました。やっとチームの役に立てたと思います」と安堵の表情を浮かべた。

 1枠をかけて対戦した日本生命は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング