週刊ベースボールONLINE

波乱あり? 波乱なし? 後半戦大予想!

ヤクルト・先発陣の奮起は必須/12球団後半戦CHECK

 

セは前年覇者ヤクルトが大独走、パは球宴前時点で1位から5位が2.5ゲーム差の大混戦。残りは50試合から60試合程度となったが、果たして、どのような戦いとなるのか──。
※成績は特に注意書きなければ前半戦終了時点(球宴前)

<現時点REAL最終目標>絶対連覇!

リーグ2位の奪三振数を誇る高橋奎二。「左のエース」へ向けさらなる飛躍に期待


 2位に10ゲーム以上の差をつけて首位で戦い終えた前半戦。7月は新型コロナウイルス集団感染による主力の離脱で6連敗を喫したが、それでも貯金は22。離脱者も戻り、7月24日の広島戦(神宮)ではベストオーダーも組まれ、態勢が整った。

 独走Vへ向けて、前半戦同様の活躍を期待したいのは打撃陣だ。シーズン序盤こそ快音が響かなかったが、徐々に調子を上げていき、リーグトップのチーム打率.256、408得点をマーク。なかでも四番・村上宗隆は、本塁打・打点の2冠で打率も3割超えで「もちろん狙いたい」と三冠王も視野に入る。

 村上のあとを打つ五番打者不在問題は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング