週刊ベースボールONLINE

波乱あり?波乱なし?後半戦大予想!

<パ・リーグ 前半戦復習>投高打低で大記録続出! 混パはこのまま続くのか?

 

パは開幕8連勝のソフトバンクが首位を走ったが、楽天が抜き11連勝。しかし、その後ソフトバンクが抜き返し、独走かと思われた矢先、新型コロナ禍で大きな戦力ダウン。1位から5位までが2.5ゲーム差でひしめき合う大混戦となっている。
※情報は7月28日現在
【セ・リーグ編】はこちら

序盤戦の話題をさらったロッテの佐々木朗。完全試合は圧巻だった


先読みは不可能?5強の空前バトル!


 開幕前、話題の中心となったのが、日本ハム・BIGBOSS(当初の登録名は本名の新庄剛志)だった。希代のトリックスターが、まさかの指揮官就任。戦力的には明らかに他球団より見劣りしたが、果たして、どんな野球を見せてくれるのか──。

 3月25日、開幕戦(PayPayドーム)の相手は同じく新指揮官・藤本博史監督が指揮するソフトバンクだったが、日本ハムは、ここで3連敗。そのまま5連敗まで伸ばし、さらに1勝を挟み4連敗で早々に最下位にどっかり座った。その後、スクイズ、ヒットエンドランを多用するなど健闘は見せ、7月7日から7連勝もあった。しかし6勝を挙げていた上沢直之のケガ、コロナでの離脱者も響き、前半戦最後の7戦は1勝6敗。「5強1弱」の1弱にいる。

 一方・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング