週刊ベースボールONLINE

伝説を呼び起こす男 ルースを超えた!? 大谷翔平特集

エンゼルス・大谷翔平 104年ぶり偉業達成ならずも唯一無二の存在へ「10勝はやっぱり節目として大事かなと思いますし、プレーヤーとしても大きなことだと思う」

 

104年ぶりのトビラを開けるのは今週のお楽しみに。世界中の野球ファンならだれでも知っているスーパースター、ベーブ・ルース。彼が1918年に記録したMLB史上唯一の2ケタ勝利&2ケタ本塁打。その伝説に近づいているのが、エンゼルスの大谷翔平だ。すでにMLBでは唯一無二の存在として認知されており、まさに伝説を作り出している。今週はそのShohei OHTANIの特集をお届けする。
写真=Getty Images
成績は現地時間7月31日現在

すでに貫録十分。次々とMLB記録を更新し、今やMLBの看板選手にまでなった


【投手成績】2022年_17試合9勝6敗、99.1回145振、防御率2.81
【打者成績】2022年_99試合94安22本62点11盗、打率.255

 勝つことに執念を燃やすことで、伝説が生まれる。誰よりも「勝ちたい」と思うからこそ二刀流でチームに貢献し続ける。常に全力投球で、常にフルスイングで。現地時間7月28日のレンジャーズ戦に「一番・先発」で今季10勝目を目指した。もちろん達成すればベーブ・ルース以来104年ぶりの2ケタ勝利&2ケタ本塁打の記録となる。

「数字はやっぱりついてくるものだと思っているので。ただ、10勝はやはり節目として大事かなと思っていますし、プレーヤーとしても大きなことだと思う」

 大谷自身は、一世紀を超えての記録ではなく、目の前の1勝、そして今季節目としての10勝をどうしても手に入れたかった。だが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング