週刊ベースボールONLINE

波乱あり? 波乱なし? 後半戦大予想!

DeNA・過密日程の終盤戦が勝負/12球団後半戦CHECK

 

セは前年覇者ヤクルトが大独走、パは球宴前時点で1位から5位が2.5ゲーム差の大混戦。残りは50試合から60試合程度となったが、果たして、どのような戦いとなるのか──。
※成績は特に注意書きなければ前半戦終了時点(球宴前)

<現時点REAL最終目標>三浦政権初CSへ!

手術から復帰のオースティンが打線のジョーカーとなれるか。守備位置をはじめ打順にも注目


 新型コロナ禍の影響、さらに故障で主力を欠いたシーズン序盤は苦戦。4月に7勝12敗と負けが先行すると、以降なかなか借金が減らずに下位に低迷。6月には借金は9まで膨らんだ。それでも、7月は10勝7敗2分けと今季初めて勝ち越し、借金3のリーグ4位で前半戦をターン。ここ1カ月の戦いでチームの“戦うかたち”が固まってきた。

 投手陣では石田健大今永昇太濱口遥大東克樹の左腕4枚がそろった。右腕ではチームトップの7勝を挙げる大貫晋一に、ロメロ上茶谷大河が続き、先発ローテの頭数は充実してきた。リリーフは、リーグ1位の45試合登板で並ぶ(前半戦終了時)エスコバー(エドウィン・エスコバー)、伊勢大夢が・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング