週刊ベースボールONLINE

2022プロ野球 激闘の記憶。Part.3 シーズンアラカルト

記録から見えてきた実はスゴかった5人 週刊ベースボールAWARD 2022【個人タイトル編】

 

タイトルホルダーではなくとも、確かに輝いていた選手たちは存在する。ここでは2022年シーズンの各記録を元に、目立たないながらも実はスゴい数字を残していた選手5人をピックアップし、週刊ベースボールAWARDとして独自にタイトルを制定してみた。
データ=共同通信デジタル

【空振り奪取王】ソフトバンク・L.モイネロ 打者を“もてあそぶ”攻撃


もっとも打者に空振りさせたのは? 奪空振り率21.9%

 思わずバットが出てしまう。今季は途中から守護神に君臨した助っ人左腕が扱う球種は4つ。150キロ超の真っすぐと、地面に突き刺さるような軌道を描くカーブ。スライダー、チェンジアップと、どの球種も一級品であることは、奪空振り率からも証明される。ストレートが19.9%、スライダーが20.4%。一番数値が低いカーブでも16.8%で、チェンジアップにいたっては35.5%と脅威的だ。左腕が「トレーニングの成果」と語るムダのない投球で、文字どおり打者を“翻ろう=思うままにもてあそぶ“。それは、もはや攻撃。球団が「モイネロの攻撃」グッズを発売するのも納得だ。

※800球以上


PROFILE
リバン・モイネロ●1995年12月8日生まれ(27歳)。キューバ出身。178cm69kg。左投左打。

【コントロール王】日本ハム・加藤貴之 72年ぶり記録更新の左腕


もっとも制球力が確かだったのは? ストライク率71.5%

「ミスター・コントロール」と言っていいだろう。今季は147回2/3で自身2度目の規定投球回到達となったが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

特集記事

特集記事

著名選手から知る人ぞ知る選手まで多様なラインナップでお届けするインビューや対談、掘り下げ記事。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング