週刊ベースボールONLINE

追悼 阪神・中村勝広GM

“遊撃失格”からプロで名手に…努力の人・中村勝広

 

文=大内隆雄、写真=BBM

阪神オリックスで監督も務め、情熱的にチームを率いた



早大の「下手くそ」がプロで一気に名手に。努力の人だった。


 阪神の中村勝広ゼネラルマネジャー(GM)が9月23日、都内のチーム宿舎のホテルで急性心不全のため死去した。66歳だった。この日は、東京ドームで対巨人戦があったが、午前11時半、ホテルロビーで南信男球団社長と待ち合わせ、球場に向かうはずだった。予定時刻を過ぎても中村GMが姿を見せないので、同社長らが部屋に様子を見に行くと、あお向けの状態で死亡していたという。

 中村GMは72年、ドラフト2位で阪神に入団。堅実な二塁守備と、細身の体(70キロを超えなかった)に似合わぬ長打力で70年代の阪神を支えた。75年には130試合全試合に出場し、133安打、16本塁打、43打点、打率.280(14位)とすべての面で自己最高の数字を残した。この年、91四球。選球眼が抜群だった。

 82年に現役引退。阪神の二軍監督、コーチを経て90年監督就任。92年にはチームを2位に引き上げた。95年途中まで務め、同年退団。2003年オリックスGMとして球界に戻り、06年には監督就任。07年にフロント入りして09年退団。12年9月、阪神の初代GMに就任した。

 中村二塁手が78年に二塁手の守備率日本記録(当時).995をマークしたときは驚いた。早大時代は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング