週刊ベースボールONLINE

みちのくルーキー対談

【2015ドラフト】平沢大河×成田翔 ロッテ・人気ルーキー特別対談

 


甲子園で、そして世界で実力を示した高校生屈指の逸材たちが、ロッテに入団した。新たな人生の一歩を踏み出そうとする両者に現在の心境を語ってもらった。
取材・構成=吉見淳司、写真=大賀章好、BBM

ライバルからチームメートに


 ともに東北を代表する強豪校の主力を張り、1年時から練習試合などで切磋琢磨を繰り返した。聖地での対戦を最後に、今度は同じチームで戦力として貢献するつもりだ。

成田 こうして話をするのは去年12月の新人入団発表以来かな。入団発表はどうだった?

平沢 少しは緊張したけど、思っていたよりはうまくやれたと思う。

成田 僕は結構緊張してた(笑)。

平沢 控室でもあまり話さなかったからね。普段はもっとしゃべるのに。

成田 どれくらい人が来ているか分からなかったから、会場に入ったときは「大勢いる!」ってビックリした。でも、歓声をもらえるのはうれしかったよね。

平沢 応援してもらえたし、迫力を身に染みて感じた。すごかったね。成田とは高校のときにちょくちょく練習試合をしていて顔と名前は知っていたけど、実際に話したのは侍ジャパンからだよね。1年の夏から甲子園で投げていて、練習試合でもキレのいいボールを放っていてすごいピッチャーだと思ってた。

成田 僕も1年生のときから知っていたよ。かなり平沢に打たれていて、「いいバッター」だとずっと思っていたから、一緒のチームになれてすごく安心感がある。最後の対戦は夏の甲子園。ホームランを打たれたよね(2015年8月17日の準々決勝。4回二死からの平沢の右翼へのソロ本塁打が決勝点となり、仙台育英高が6対3で勝利)。

平沢 ちょっと詰まっていたけど、あそこまで飛んでくれて良かった。

平沢大河[仙台育英高→千葉ロッテドラフト1位入団/内野手/#13]



成田 2ストライクまで追い込んでいて、アウトコースを狙ったんだけど力んで内に入ってしまった。あの試合に勝っていたら秋田商初のベスト4だったから悔しかった。試合に負けた後は「育英に優勝してもらわなきゃいけない」と思っていたから応援していたよ。

平沢 その後、侍ジャパンでチームメートになった。プレーを見ているとクールそうで物静かな感じだから、自分の中では成田はおとなしいタイプなのかなと思ったけど、実際に話してみると結構しゃべるほうだったから、仲良くなれそうな気がしてた。イタズラばっかりしてたよね。

成田 してたっけ?

平沢 (佐藤)世那(仙台育英高→オリックスドラフト6位入団)とずっとやり合っていたから、「そういう感じなんだ」って。

成田 世那は隣の部屋だったから、よく遊びに行ってただけだよ(苦笑)。平沢は試合前練習などでかなり真面目に打撃練習をしていて「熱心だな」って思っていたんだけど、実際に話したら明るくて、面白い感じだなって印象は結構変わった。わりと話好きだよね。

平沢 でも人見知りだから、初めはあまり打ち解けられなかった。どっちかって言うと成田から話しかけてくれたよね。実際に同じチームになって間近で見ていると・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング