週刊ベースボールONLINE

キャンプ・解説者の視点
木俣達彦が見た中日キャンプ ビシエドが4番に定着すれば打線に破壊力が

 



 初日から見ているが、今年は昨年までとはまったく違う。選手が自分たちで何をどういう目的でやろうか考えながら練習に取り組んでいるし、雰囲気もずいぶん明るくなった。昨年までは、実際どうかは別として、監督、コーチにやらされているように見えた。また、もちろんプロは勝利が最大の目標であるが、ただ勝てばいいだけではなく、ファンを喜ばせるような野球をやりたいという首脳陣や球団の考えもあるように見える。OBとしては、いい方向に動いていると思っている。

 ベテランが一気に抜けたこともあるが、チームが若返り、どのポジションも競争が激しい。誰が抜け出してもおかしくないと思う。ポジション別に見ていくと、いまのところ一塁は新外国人のビシエドを起用するようだ。守備は今一つだが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング