週刊ベースボールONLINE

セ界を盛り上げるニューヒーロー
阪神・江越大賀「自分が打って試合に勝つことが一番の理想」

 

4月に入り2試合連続本塁打を放ち、スタメンに起用されると、さらに2試合連続本塁打を記録。新生金本阪神の三番に抜てきされた。開幕前後に味わった「悔しさ」を胸に抱きながらつかんだスタメンの座。今は自らのバットでチームを勝利に導くことだけを考えている。
取材・構成=椎屋博幸、写真=毛受亮介(インタビュー)、BBM


途中出場のときは初球から強く振れる意識で


――今年は金本知憲監督が若手を多く起用し、チーム内の競争が激しいです。外野手は特に……。

江越 激しいです。僕はオープン戦で結果を残せず、開幕からスタメンで試合に出ることができなかったので、悔しいという思いと、試合に出たい、という思いがありました。

――ルーキーの高山俊選手、20歳の横田慎太郎選手が活躍し、チームも勝ちが続く中、複雑な思いがあったのではないですか。

江越 複雑というよりは、試合に出たいけど、アピールの場がない状態が続きましたので、実際、焦りのほうが大きかったです。

――そういう経験は今まであったのでしょうか。

江越 プロに入るまではなかったです。昨年のプロ1年目も「試合に出たい」という気持ちはありましたけど、それとはまた違う感情です。試合に出て結果を出したい。で、できない、悔しい、という……。

金本監督の若手起用で競争が激化。とにかく結果を求めてガムシャラにプレーし続けている


――今季最初の出場機会は開幕戦で回ってきました。結果は8回代打で二ゴロでした。

江越 開幕戦あたりになって、自分の打撃が上向きになっていたことと、開幕戦で打席に立てたことで、まずは良かったな、と。結果は気にならなかったです。

――次の打席は5日後の3月29日ヤクルト戦(神宮)での代打でした。左前打と結果が出ました。

江越 結構早めに今季初ヒットが打てたので、ホッとしました。でも、このときはまだ「スタメンで使ってほしい」というところまでは思わなかったです。次またチャンスが回ってきたときに、絶対に打てるようにしよう、とだけ考えていました。

――そろそろスタメンで使ってほしいな、と強く思い始めたのはいつごろですか。

江越 常に使ってほしいとは思っていましたよ(笑)。でも・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング