週刊ベースボールONLINE

球界クローズアップ

Aクラスも厳しい西武…かつての常勝軍団低迷の要因を探る

 

借金14の5位で前半戦を折り返した西武。3位ロッテとのゲーム差は12とAクラス入りも厳しい状況となっている。今年もBクラスとなれば3年連続。これは79年から81年以来の出来事だ。さらに、最下位オリックスとも3ゲーム差で、球団創設の79年以来のテールエンドの危機にも直面している。栄華を誇ったかつての常勝軍団はなぜ低迷しているのか。その要因を探る。
文=塚沢健太郎(サンケイスポーツ)、写真=高塩隆

前半戦最終戦の7月13日楽天戦[西武プリンス]、6回に逆転されて、そのまま2対4で敗戦。最下位と3ゲーム差の5位で後半戦に入ることになった


チームに薄れた緻密な野球


「こんな順位にいるようなチームではない」

 西武に対して、評論家からこんな声をよく聞く。昨年は球宴に8人。今季も6人が選出と、日本代表に選出されるクラスの選手はそろっている。

 しかし今季もBクラスのままシーズンが終了すれば、所沢に移転したばかりの1979〜81年以来の3年連続Bクラス。かつて常勝軍団と称された姿は、もはや見る影もなく、3年もクライマックスシリーズに出場できなければ「これが西武の実力」と認めざるを得ないだろう。

 チーム打率はリーグ2位の.266も、得点圏打率はリーグワーストの.247。三振もワーストの638も喫している。試合後に田邊徳雄監督が「あと1本が……」と振り返るのが恒例となり、6月17日のヤクルト戦[神宮]では10安打を放つも1点に終わり「珍現象だよ、珍現象!」と温厚な指揮官が声を荒げたこともあった・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング