週刊ベースボールONLINE

2016甲子園夏完全ガイド
作新学院・今井達也 真っ向勝負を挑む本格派右腕の矜持

自己最速で今大会最速タイとなる152キロをマークするなど甲子園に来てから好調の今井達也(写真=BBM)

 

取材・文=中島大輔

「あと1キロを出せないところに、自分の甘さがあると思います」

 県大会決勝で自己最速タイの149キロを計測した今井達也は、人懐っこい笑顔で言った。明るく先を見据えることが出来るのは、甲子園という夢舞台が控えているからだ。

 昨夏の県大会は背番号11でベンチ入りも、満足のいく結果を残すことができなかった。同校5年連続出場の甲子園では、無念のメンバー外に。それから1年、体の線が細かった男は走り込み、筋力トレーニング、食事量を増やし、体重が66キロから72キロになるなどスケールアップ。

 同時に投球フォームを見直した。左手でしっかり壁を作ることで、上体が前に突っ込むクセを修正。力強い直球と縦横2種類のスライダー、カーブ、チェンジアップを投げる右腕は急成長の1年を過ごし、プロから熱視線を注がれている・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング