週刊ベースボールONLINE

世界一奪回へ、侍ジャパン特集

侍ジャパン・小久保裕紀監督インタビュー 「本番に向けての結束力を高めたい」

 

求められるのは世界一奪回のみ。2013年の第3回WBCで、日本が3連覇を逃したことを教訓に、同年10月、侍ジャパン(代表チーム)は常設化された。「全世代世界最強」を掲げ、年代別カテゴリーの強化・育成も目的の1つだが、最大のターゲットは、来春3月7日開幕の第4回WBCである。本番まで4カ月。3年の強化期間を経て、最後のテストマッチに望む小久保裕紀監督に、侍の現在地を問う。
取材・構成=坂本匠、写真=小山真司、GettyImages


日の丸を背負う使命と責任


 ブルックスブラザーズのオフィシャルスーツを颯爽と着こなした指揮官が、インタビュールームに設置された日の丸を前に、より一層表情を引き締める。2013年10月に侍ジャパン代表監督に就任してから、はや3年。世界一奪還を託された小久保裕紀は、限られた活動時間の中、若手を積極的に抜擢しつつ、チームを強化。日の丸を背負った多くの選手が、今やトッププレーヤーへと変貌を遂げている。4カ月後に迫った決戦に向け、指揮官も目を細める選手の成長は、大きな財産である。

――2017年の第4回WBC開幕まで5カ月を切りました。

小久保 いよいよ、という思いです。

――監督就任後、初めての活動となった台湾遠征以降、3年間で5度の活動を経て、思い描いていたとおりにチーム作りは進んでいますか。

小久保 日本のトップチームの常設監督として私が選ばれてから、最も大事な仕事の1つと考えてきたのが、選手の意識を変えることでした・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング