週刊ベースボールONLINE

智将の熱視線

伊原春樹のキャンプ雑感帳

 

キャンプも実戦メニューが本格化しているが、今年も野球解説者の伊原春樹氏が取材で宮崎、沖縄の地に赴いた。各球団の主力や新人選手、伸び盛りの選手はもちろん、首脳陣の指導方針など、さまざまな点を厳しくチェック。今週号と来週号の2号にわたって、智将のキャンプリポートをお届けする。


ラミレス監督のポジティブ思考が浸透し、非常に活気があり好循環を感じたDeNA


 宮崎ではまず南郷でキャンプを張っている西武へ行った。私が聞き手を務めた辻発彦監督のインタビューも掲載されているが、新監督は非常にいい表情をしていたし、手ごたえを得ているように感じた。西武の課題の一つが投手陣であることは間違いない。ブルペンをチェックしたが、菊池雄星のボールには力があった。エースとして、今年は先頭に立ってチームを引っ張っていってもらわないといけない。その自覚が現れているように感じたし、ケガさえしなければ、しっかりと働いてくれるのは間違いないだろう。

 ここ数年、固定し切れていないショートではシート打撃で新人の源田壮亮が無難に守備をこなしていた。足も速いし、楽しみな選手だ。インタビューでも言ったが、とにかく辻監督には誰か一人を1年間使い切って、ショートのレギュラーを育成してもらいたい。

 若手選手と言えば、次に訪れたオリックスでは、やはり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング