週刊ベースボールONLINE

2017新戦力CHECK キャンプ中間報告

2017注目ルーキーチェック 西武

 

昨秋のドラフトで指名され入団した86人のルーキーたちは、12球団各チームのキャンプに参加。厳しいプロの世界で、早くもふるいにかけられているが、2017年の傾向としては、投手に即戦力候補が多い。3月31日にセパ同時開幕を迎えるシーズンで、どれほどの若者が一軍の舞台で輝けるのだろうか。さまざまな視点からチェックする
「球速」=ボールの速さ、「制球力」=コントロール、「球種」=変化球のバリエーション。現時点の実力によって「即戦力」(一軍での活躍が期待)、「育成」(開幕時は二軍で育成)にタイプ分け

西武・源田壮亮内野手


大分商高→愛知学院大→トヨタ自動車→ドラフト3位・24歳・179cm73kg・右投左打


タイプ 即戦力
打撃  C
守備  A
走力  A

高い守備力とスピード

 正遊撃手の育成はチームの懸案事項だ。昨季も鬼崎裕司の先発45試合が最多と、遊撃手を固定できなかった。それを解決するべく、高い守備力とスピードを買われて、新人ながらA班キャンプに帯同しているのが源田壮亮だ。グラブさばき、守備範囲の広さ、正確なスローイングはかつての名手・辻発彦監督も・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング