週刊ベースボールONLINE

2017新戦力CHECK キャンプ中間報告

12球団完全網羅!2017年新助っ人カタログ セ・リーグ編

 

新シーズンに向けて、各球団が着々と戦力を整えている中、チームの勝敗に大きな影響を与え、同時に最も未知数なのが、新助っ人の存在だ。あの新外国人はどんなプレーをするのか、チーム事情にフィットするのか、そもそもいったい何者なのか。開幕を前に、12球団の全新助っ人をチェックしておこう。
※2月11日入団のソフトバンク・A.デスパイネは、キャンプ中の合流が未定のため、評価対象から除外。2016年成績の[メ]はメジャー、[マ]はマイナー、[日]はNPB、[米独]はアメリカ独立リーグ、[BC]はBCリーグ。年齢は2017年の満年齢。[評価]はS〜Cの4段階評価、「適応」はNPBへの適応力。育成契約の新外国人選手は除く。

広島・ペーニャ 最多勝投手からHR


前所属ジャイアンツ/32歳180cm91kg/右投両打・2016[メ]30試合26安打1本10打点0盗塁、率.299


期待される役割 三塁レギュラー
パワー C
ミート B
守備  B
適応  B

 昨年11月に行われた侍ジャパン強化試合ではメキシコ代表として、チームメートとなる野村祐輔から本塁打を放った。求められるのは大砲のエルドレッドが不調に陥った際のパンチ力を肩代わりすることと、レギュラー不在の三塁争いをさらに盛り上げることだ。助っ人といえど不調となれば二軍行きを命じるのが緒方流。その実力は未知数だが、選手たちの危機感をあおることには成功している。

広島・ブレイシア 空振り奪えるリリーバー


前所属アスレチックス・マイナー/30歳183cm102kg/右投左打・2016[マ]46試合5勝3敗1S、防3.56


期待される役割 中継ぎ
球速 B
制球 B
球種 C
適応 B

 昨季、マイナー・リーグでは60回2/3で70三振を奪い、空振りの取れる救援投手と目されている。先発として調整中のヘーゲンズ、セットアッパーのジャクソンと外国人枠をかけて激戦中だ。2月8日に初めてフリー打撃に登板すると、エルドレッド、野間峻祥を相手に21球を投げ、安打性の打球はゼロ。半分はボール球で制球は定まらなかったが、「これから精度を上げていく」と自信を見せた。

巨人・A.カミネロ MAX166キロの剛速球


前所属マリナーズ/193cm111kg/右投右打・2016[メ]57試合2勝3敗1S防3.56


期待される役割 中継ぎ・抑え
球速 S
制球 C
球種 C
適応 A

 獲得時点ですでにコマは十二分にそろっていたが、それでもブルペンの補強に乗り出したのは、この右腕の能力を球団サイドが高く評価していたからだ。過去4年間でメジャー149試合に登板しているが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング