週刊ベースボールONLINE

敬遠申告制導入に賛成?反対?

敬遠球をサヨナラ打された当事者 槙原寛己(元巨人)の敬遠申告制導入への見解

 

球史に残る敬遠が生んだドラマの当事者である。かつて新庄剛志に敬遠球をサヨナラ打された槙原寛己。「脳裏から離れない屈辱」と言うが、それでも敬遠申告制には反対の立場をとる。


「敬遠で4球投げることで試合の流れも変わる。私は反対です」


 私は反対です。試合時間短縮を目的としていますが、裏付けがまったくない。敬遠は機会が少ないですし、これによってどれだけの時間短縮になるの、と。選手の体を守るという大義名分があるコリジョンルールや併殺崩しの危険なスライディング禁止とはわけが違う。日本の野球になじまないし、導入されることはないのではないでしょうか。

 当然、敬遠も野球の一部。4球投げることによって、試合の流れが変わることがあるのです。例えば意外とプロに入ってきたばかりの投手は敬遠のやり方が分からない。だって、力があるからプロに入るわけでアマ時代に敬遠をすることなんてない。だから、いざ敬遠となると手元が狂うこともある。さらに、敬遠で4球、緩く投げてしまった後、次の打者と対戦する際、フォームの感覚がおかしくなる場合もある。それが原因でコントロールを乱して痛打されることもあります。

 ネクストで待っている打者も目の前で敬遠されている、その4球の間で心境も大きく揺れ動くことでしょう。もし、打者が屈辱に感じていたら、グッと気持ちが燃え上がってきて実力以上のパワーを発揮するかもしれません。

 とにかく、しっかりと4球投げる敬遠によって、野球というスポーツ特有の“間”が生まれる。それによってドラマが起きる可能性は大いにあるわけです。そして、私も球史に残る「敬遠ドラマ」の当事者となりました・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング