週刊ベースボールONLINE

栄光のナンバー“3”継承ストーリー

ソフトバンク・松田宣浩が継承する「3」の魂 「皆が描く長嶋さん像に追いつきたい」

 

サードに対するこだわりとともに、背番号への思いも強い。願って止まなかった憧れの人の代名詞、奇しくもそれは、鷹の打者にとっても意味深いものだった。


 ソフトバンクの「3」はスラッガーの毛色が濃く映る。それを強く印象付けたのが平成唯一の三冠王・松中信彦(2000〜15年)だ。入団時は「26」を着けたが、1999年に23本塁打を放つと、球団の福岡移転後初のリーグ優勝、日本一への貢献が認められ、背番号が1ケタに変わった。その後、5度の打率3割、30本塁打、100打点突破で2000年代の強いホークスを牽引。首位打者2回、本塁打王2回、打点王3回、MVP2回をはじめ、手にしたタイトルは十指に余る。

 松中以前に着けた吉永幸一郎(98年)、松永浩美(94〜97年)、佐々木誠(89〜93年)も勝負強い打撃を誇るスラッガー。それ以前には定岡3兄弟の長男・定岡智秋、400フィート打線のトップバッター・樋口正蔵、100万ドルの内野陣で遊撃を守った木塚忠助と球史を彩る名プレーヤーも背負った。

 その「3」が今季から松田宣浩の背中に。「日本のサードと言えば長嶋さん(長嶋茂雄、元巨人)」。ミスター・プロ野球と呼ばれたレジェンドのプレーを実際に見て育った世代ではないが、その偉大さはプロ野球の世界で11年を過ごして肌で感じるものがある。「皆さんが描く長嶋さん像に・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング