週刊ベースボールONLINE

2017センバツ甲子園NPBスカウトチェック

清宮幸太郎(早実)、安田尚憲(履正社高)がトップ評価 NPBスカウトチェック

 


 昨年11月の神宮大会決勝では、履正社高が早実を下して初優勝を遂げた。その再現となる「怪物スラッガー対決」として注目された西の怪物・安田尚憲(履正社高)と東の怪物・清宮幸太郎(早実)。一冬を越え、甲子園ネット裏で視察したNPBスカウトからは、絶賛の声が相次いだ。左の大砲である2人は大学、社会人を含めても「トップ評価」で、ドラフト1位候補だ。

「東西の2人はスケール感、体も大きいし、パワーもある。球界を代表するような選手になる」(福岡ソフトバンク小川一夫スカウト室室長)

「高校生当時の清原(清原和博、PL学園高-西武)、松井(松井秀喜、星稜高-巨人)と共通する部分ですが、この2人は技術だけでなく、体もできている」(巨人・岡崎郁スカウト部長)

清宮幸太郎


「清宮には華があります。(父がラグビー・トップリーグ監督の清宮克幸氏で)知名度が高く、1年春の入学直後から注目され続けたそれに負けない活躍をしているのはすごい。対照的に安田は実直なプレースタイル。三塁の守りも良くなっていますし、プレーが誠実です」(北海道日本ハム・大渕隆スカウト部長)

「清宮は別格。ボール球を振らず、甘い球を見逃さずに仕留める。つまり、選球眼が良い。打者として一番、大事なものを持っており、アベレージと本塁打の両方を期待できる。一方、安田は少々、打率が低いという課題はあるが、仮に試合で3打席打てなくても、4打席目の長打を期待できる打者。安打を打つ技術というのは努力で埋められる分野でありますが、飛ばす力は天性のものです」(中日中田宗男スカウト部長)

 2017年は大学生、社会人で“決め手”のある上位候補を挙げるのが難しい年であり・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング