週刊ベースボールONLINE

12球団序盤戦通信簿

12球団序盤戦通信簿 広島・強力打線が主力投手不在をカバー

 

開幕から1カ月を過ぎ、各球団30試合前後を消化。セは大混戦、パは開幕前の予想を大きく覆す結果となっている。今回は序盤戦12球団の現時点を本誌担当記者が採点してみよう。
※成績は5月7日時点

●セ・リーグ編 広島巨人DeNA阪神ヤクルト中日
●パ・リーグ編 日本ハムソフトバンクロッテ西武楽天オリックス

驚異の勝負強さを誇る新井。40歳の今季も打線には欠かせない


主力の故障をカバーし快走


 昨季の沢村賞投手・ジョンソンが1試合で離脱し、クローザーの中崎翔太も4月中旬に登録抹消。決して順風満帆とは言えないチーム状態を、個々の選手がカバーした。先発では新人の加藤拓也床田寛樹が初勝利を挙げ、若手の岡田明丈大瀬良大地九里亜蓮らがローテーションを死守。救援では中田廉薮田和樹がフル回転の活躍を見せ、抑えに抜てきされた今村猛がしっかりと仕事をこなした。

 やや不安定な投手陣を強力に援護したのが12球団でも屈指の破壊力を誇る打線だ。田中広輔菊池涼介丸佳浩は昨季と同様に開幕からほぼ不動のトリオを形成し、5年目の鈴木誠也は四番抜てきに応える活躍。勝負強さが光る新井貴浩、長距離砲のエルドレッド、定位置奪取へ燃えている安部友裕と充実の布陣を築いている。捕手の石原慶幸會澤翼もここ一番でランナーをかえし、上位でも下位でも得点を奪える打線は、ビハインドが何点あってもはね返すことのできる力がある。相手が一つでもミスを犯せば一気呵成にたたみかける高い集中力もあり、昨季の優勝を経験した選手が勝ち筋をつかんだ印象だ。

 主力に故障者が出る中でも、好調な打線に支えられて首位争いをできているのは好材料。日替わり状態の続く先発6番手も、ジョンソンが復帰すれば解決でき、大きな死角はなくなるだろう。

 37年ぶりのリーグ連覇へ、最大の焦点となりそうなのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング