週刊ベースボールONLINE

12球団序盤戦通信簿

12球団序盤戦通信簿 DeNA・スタートダッシュ失敗も5月攻勢に期待

 

開幕から1カ月を過ぎ、各球団30試合前後を消化。セは大混戦、パは開幕前の予想を大きく覆す結果となっている。今回は序盤戦12球団の現時点を本誌担当記者が採点してみよう。
※成績は5月7日時点

●セ・リーグ編 広島巨人DeNA阪神ヤクルト中日
●パ・リーグ編 日本ハムソフトバンクロッテ西武楽天オリックス

ここ数年、チームは5月が好調。主砲のバットが火を噴くか


整いつつある投打の形


 3、4月は11勝12敗2分と我慢の戦いを強いられた。9勝18敗2分と大きく負け越した2016年の同月よりはマシな結果ではあるものの、今年も開幕ダッシュに失敗している。

 負け試合は、投打が噛み合わず、勝ちパターンに持ち込んだはずのリリーフ陣が踏ん張り切れない試合が目立った。クローザー・山崎康晃は4月13日の阪神戦[横浜]、翌14日のヤクルト戦(同)と2夜連続で救援に失敗し、パットンがクローザーに配置転換。そのパットンも時折、不安定さをのぞかせるものの、現時点では7回山崎康、8回三上朋也&砂田毅樹、9回パットンという方程式が確立しつつある。

 先発は2ケタ勝利のノルマを課せられていた石田健大(1勝)、今永昇太(1勝)、井納翔一(1勝)の3本柱が期待に応えられていない。特に石田は4月末に左ヒジ違和感のため登録を抹消。さらに先発で2勝を挙げていた新助っ人のクラインも、ファームで調整中だ。そんな苦しい投手陣の台所を救ったのが・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング