週刊ベースボールONLINE

2017交流戦 大記録連発!

中日・荒木雅博 守備・走塁の名手が万感の通算2000安打達成!

 

2000安打を達成した荒木は記念ボードを掲げてファンの歓声に応えた/写真=内田孝治


 2000本目の安打は実に“らしい”当たりとなった。6月3日のナゴヤドーム、0対1の4回一死で打席に立った中日荒木雅博は、楽天美馬学が投じた真ん中付近の134キロスライダーをきれいに右前にはじき返した。

「バットを止めましたけどね。ちょっとタイミング早いなと、やめようと思ったら、いいところに飛んでくれた」

 同日時点で通算33本塁打。荒木を含めて史上48人を数える2000安打達成者の中では、宮本慎也(元ヤクルト)の59本塁打を下回る最少記録となった。

 二塁手としてゴールデン・グラブ賞を6年連続受賞。2007年には盗塁王に輝くなど、守備・走塁を武器に定位置を死守してきた。データ頼みではなく、感覚を信じて守備位置を変え、安打を凡打に変えるポジショニングや、相手投手の配球を読み切った盗塁は39歳となってさらに磨きがかかっており、二遊間を組むルーキーの京田陽太は・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

関連キーワード検索

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング