週刊ベースボールONLINE

第99回全国高校野球選手権大会

花咲徳栄高 埼玉勢初の夏、全国制覇!!全6試合連続2ケタ安打&ダブルエースで3839校の頂点

 

第99回全国高校野球選手権大会の決勝が8月23日、阪神甲子園球場で行われた。春夏を通じ初の甲子園頂上決戦となった花咲徳栄高が、強豪・広陵高を下し全国制覇を達成。県勢としても夏優勝は悲願であり、初めて深紅の大旗を埼玉へ持ち帰った。

8月23日の決勝、花咲徳栄高は広陵高を14対4で下して初優勝。全6試合で救援したエース・清水を中心に歓喜の輪ができた/写真=高原由佳


 全国3893校の頂点をかけた決勝前日。花咲徳栄高は東海大菅生高(西東京)との準決勝を延長11回で制した(9対6)が、主将・千丸剛(3年)には笑顔一つない。報道陣を寄せ付けないほど、怒りは頂点。初回、自身の失策で失点(計2失点)したことが、どうしても納得いかなかった。

「自分のミスがなければ9回で終わっていた。個人として、スキを作った。1点の重みを常に意識してプレーしてきたが、この場に及んでまた、感じることとなった」

 花咲徳栄高は15年夏は東海大相模高(神奈川)、16年夏は作新学院高(栃木)と、いずれも全国制覇を遂げたチームに敗退。負ければ後がない高校野球。勝った試合だからこそ、手綱を締めた。

「自分の野球のすべて。岩井先生(岩井隆、監督)を・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後14日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

プレミアムサービスに登録すると、週刊ベースボールONLINEのすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

関連情報

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング