週刊ベースボールONLINE

日本シリーズ戦力分析&展望

【日本シリーズ戦力分析】ソフトバンク・最後にそろった王者のピース

 


短期決戦でさらに凄み増すリリーフ陣


 サファテを筆頭にした盤石のリリーフ陣からの逆算。この戦略が今季の戦いのベースとなってきたが、CSファイナルでは中継ぎ以降の失点は驚異のゼロと、より強固なものとなっている。

 今季、レギュラーシーズンで先制した試合は73勝9敗、さらに6回終了時点でリードしている試合では76勝3敗という圧倒的な戦績を誇った。CSファイナルでは先発陣が不安定だったこともあり、最初の3戦は先制されるなど苦しい展開が続いたが、中盤までに追いつくと、以降はリリーフ陣の質の差で楽天を振り切った。

 中心はもちろんサファテ、岩嵜翔モイネロだ。第4戦ではサファテが8回二死から登板、モイネロも7回からイニングまたぎでサファテにつなぎ、3連投だった岩嵜を休ませている。連投、回またぎの解禁で、短期決戦ではさらに威力を増しそうだ。シーズン中は不安定だった森唯斗が力強さを取り戻しているのも心強い。先発が5回までしかもたなかったとして・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング