週刊ベースボールONLINE

2017日本シリーズ

日本シリーズ インサイドREPORT ソフトバンク編

 

ホームで連勝スタートを飾ったソフトバンク。勝利を手繰り寄せた采配、戦略の妙を解き明かす。
取材・文=杉浦多夢、写真=小山真司 ※成績・記録は10月30日時点

大勝の裏で、指揮官の勝利への執念に基づく的確なタクトが光った


指揮官が見せた勝利へのこだわり


 CSファイナル最終戦に続いて一番に座った柳田悠岐の中前打を足掛かりとして初回に先制、2回にも2点を加え、早々と得意の“先行逃げ切り”態勢に入った第1戦。そんな戦況の中でも工藤公康監督の“勝利へのこだわり”がはっきりと見てとれたのが、最終的に7点を奪うビッグイニングとなった5回の攻撃だ。

 直前の5回表、二塁・明石健志の失策もあって千賀が1点を返された。3対1と追い上げられて迎えた攻撃。先頭の今宮健太が四球で出塁すると、盗塁に悪送球が絡んで三進。三番・デスパイネの中前適時打で1点を加えて4対1とリードを広げ、四番・内川聖一こそ右飛に倒れたものの、中村晃が四球、松田宣浩も中前打で続き、一死満塁とチャンスを拡大した。続く打者は2回に2点本塁打を放ち、CSファイナルからの好調をキープしている左の長谷川勇也。ここでDeNAベンチは先発の井納翔一をあきらめ、左腕の田中健二朗にスイッチする。

 それを見て工藤監督が動いた・・・

この続きはプレミアムサービス
登録でご覧になれます。

まずは体験!登録後7日間無料
ドコモSPモード決済、auかんたん決済限定

登録すると、2万本以上のすべての特集・インタビュー・コラムが読み放題となります。

HOT TOPICS

HOT TOPICS

球界の気になる動きを週刊ベースボール編集部がピックアップ。

関連情報

新着 野球コラム

アクセス数ランキング

注目数ランキング